JA神奈川つくいについて

JA神奈川つくいの概要

1.経営理念

“わたしたちは、農業の発展を通じて
豊かな地域社会の実現に貢献します”

わたしたちの使命は、ここに集う組合員のこころと生活を豊かにすることです。このため、農業協同組合の特性を生かして、農業を基軸とした様々な活動に取り組みます。
そして、組合員の繁栄は地域社会と共有され、明るい未来へつながるものと信じています。
経済的な豊かさ・こころの豊かさを、すべてのひとびとが分かち合う公平な地域社会が実現すること、それがわたしたちJA神奈川つくいの願いです。

2.経営ビジョン(目指す姿)

当JAでは、安全・安心な農畜産物の生産・販売を通じた地域農業の振興や、健康で安心して暮らせる豊かな地域社会の実現に向けて取り組んでまいりました。これまでの取り組みをさらに充実させるため、当JAでは、農業・JAを取り巻く環境変化の著しいなか、必要とされ続ける組織であるためにはどうあるべきか、その将来像を明確にするため、「JAの目指す姿」として、
「地域の姿」「JAの姿」の二つの重点施策を策定し、組合員・ご利用者皆さまの満足度向上や豊かな地域社会の実現のため、様々な活動に取り組んでまいります。
なお、以下の施策は第16次総合3か年計画(平成31年3月から令和4年2月)の重点施策です。

地域の姿

農のある美しい風景
~作物が実り、環境と調和する美しい田畑~

  • ・営農支援体制の強化に取り組みます。
  • ・販売力の強化に取り組みます。
  • ・生産コストの低減に取り組みます。
  • ・防護対策に取り組みます。
  • ・行政への鳥獣駆除対策及び鳥獣被害対策助成金の拡大要望に取り組みます。

暮らすひとびとのあふれる笑顔
~すべてのひとびとが健康で豊かに暮らせる地域社会~

  • ・高齢者福祉活動に取り組みます。
  • ・大規模災害の発生に備えた態勢強化に取り組みます。

JAの姿

ゆるぎない経営と信頼
~強固な経営基盤と組合員本位の取り組み姿勢~

  • ・業務改善に継続的に取り組みます。
  • ・組合加入促進に継続的に取り組みます。
  • ・地域に一層必要とされるJAを目指します。
  • ・JA合併について検討します。
  • ・内部統制の整備・充実を図ります。

挑戦するプロフェッショナル集団
~高度に訓練され、難易度の高いミッションに意欲的に取り組む役職員~

  • ・様々な相談・要望に応えられる人財を育成します。
  • ・明るい職場をつくります。
設立年月日昭和34年7月6日
本店所在地相模原市緑区中野550番地

(令和2年2月末現在)

総資産 143,853百万円
純資産 8,949百万円
貯金残高 133,204百万円
融資残高 23,701百万円
長期共済保有高 312,173百万円
長期共済新契約高 27,940百万円
購買品取扱高 1,146百万円
販売品取扱高 346百万円
組合員数 11,441人
職員数 226人
(嘱託・パート含む)
自己資本比率 17.40%